子供にはよくあります。

私も子供のころはやったことがあります。

今はもう写す意味がないのでやらないですが。

子供には写す意味があります。

面倒なのです。

写せば楽です。

一度や二度注意したぐらいではなおらないです。

大体発覚するのは、

★問題を解くのがやたらとはやい。
10分以上かかってたのに5分かからずやってしまう。

★不審な動きをする。
うちは手作りプリントを使っていて、
半分に折ると答えが隠れるんですが、その答えを見ようとプリントをめくるのです。

★答えを写し間違えている。
私たちの目をかいくぐり、答えを写すことには成功した生徒が、
答えの欄を間違えて書いている場合です。

まるっきり答えが違いますのですぐばれます。

子供がめんどうくさがることは

★間違った問題を直すこと。
★丸つけ(間違った問題も○にしたりします。直すの面倒だから)

小さい子ども(幼稚園)だと
鉛筆を持って書くのが面倒な子どもがいますね。
あまりに進まない時は書いてあげます。

他にもいろいろありますね。

よく館長は「面倒くさいことができる人間になりなさい」と言っています。

耳が痛いです。はい。私も面倒くさがりなので。
なるべく楽して生きたいです。

さて子供たちは春休みが終わって新学年!!

そろばんもどんどん進級していってほしいです。